看護のお仕事には苦労がつきもの

気苦労が絶えない看護のお仕事ですが、どんな苦労があるのでしょうか。
苦労に耐えかねて看護のお仕事から離れる人も多いくらいですから、それはそれは大変なのでしょう。
わたしは体験していないのでわかりませんが、楽だという話は聞いたことがありません。どのような苦労があるのでしょうか。


看護のお仕事には時間の自由が効かない

看護のお仕事は予定が立て辛いです。急患など予想が立てられないことが多く、先の業務の見通しが立てられません。
残業も多いのでとても働きやすい職種だとは言いにくいです。その中でも自由のきく病院もありますから、病院の口コミなど情報をしっかり集めてから働き始めましょう。


理不尽な患者さんの対応をすることも

患者さんは多いです。入院患者、診察する人さまざまですから、それぞれにきちんと対応していく必要があります。時には理不尽な文句をぶつけられることもあるでしょう。
ですが、苦しいのはお互い様です。相手を許す心、必要ならば受け流すくらいの気持ちでもって患者さんに対応することが必要みたいです。
特に、精神病院で勤務する看護師さんの中には気を病んでしまう看護師さんも珍しくありません。看護のお仕事は命に係わる仕事です。大変なのも仕方がないかもしれませんよね。